HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  イ・ジャンウ「『私たち結婚しました』を撮影してから、理想のタイプが変わった」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ジャンウ「『私たち結婚しました』を撮影してから、理想のタイプが変わった」


写真=ルンコム
19日から韓国で放送されているMBCの新毎日ドラマ(月~金に放送されるドラマ)「オ・ジャリョンが行く」(脚本:キム・サギョン、演出:チェ・ウォンソク、イ・ジェジン)で、妻の実家を危機から救うやさしいフリーター呉子龍を演じるイ・ジャンウに会った。

KBS 1TVドラマ「笑ってトンヘ」やMBCドラマ「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」を通じて演技力を認められ、MBC「私たち結婚しました」を通じてファン層を広げたイ・ジャンウが次に選んだ作品は、意外にも再び毎日ドラマだった。

「毎日ドラマに出演すると、一緒にいる期間が長いため、俳優であれスタッフであれ家族みたいに親しくなります。記憶に残る思い出もたくさんあります。『笑ってトンへ』を撮ったときも撮影が終わってから俳優と一緒に時間を過ごしながら、思い出を作った記憶があります。そんなのが毎日ドラマの魅力だと思います」

インタビューは「オ・ジャリョンが行く」の初回放送前に行なったが、展開が早い毎日ドラマの特性上、撮影は休む暇もなく進められていると聞いた。

「前半部分の撮影が続いています。だからまだ、オ・ヨンソと2人で撮影するシーンが多いです。オ・ヨンソは僕の大学の後輩です。もちろん、学校で親しかった後輩ではなかったのですが、そのためか、最初に撮影を一緒に行なった時からとてもいい雰囲気でした。台本の読みあわせを一緒にしながら親しくなったのです。最近は実の妹のような感じもします」

「オ・ジャリョンが行く」でナ・コンジュ役を演じ、イ・ジャンウのパートナーになった女優オ・ヨンソに対する話が出ると、話は自然に「私たち結婚しました」の方向に流れた。

「一回はオ・ヨンソが『兄さんが出てから『私たち結婚しました』の視聴率が上がったようだ』とからかってきんですよ(笑) 『私たち結婚しました』についてはオ・ヨンソに助言したい部分が多いです。『私たち結婚しました』だけを見ると、僕が先輩ですからね」


オ・ヨンソに「私たち結婚しました」の先輩であるイ・ジャンウがしたい話はどれだろう? イ・ジャンウ引き続き話を続けた。

「僕が『私たち結婚しました』を撮った時『僕はこの人と本当の夫婦だ』という気持ちで撮影をしました。ところが、今考えてみると、仮想の夫婦生活なのに、リアルな夫婦の様子を見せようとしたのではないかという考えもあります。個人的には『私たち結婚しました』を通じて得たものもありますが、後悔が残った部分もあります。だからオ・ヨンソに『私たち結婚しました』で現実的な様子だけではなく夫婦生活のファンタジーみたいなものもたくさん見せた方がいいと助言しました」

イ・ジャンウはリアルさをどう表現するか悩んだと述べたが、視聴者がイ・ジャンウとガールズグループT-ARAのメンバーであるウンジョンとの仮想の夫婦生活を見て関心を寄せたのは、実際の夫婦を見るような、まさにそのリアリティのためだった。場合によって憎らしい時もあるが、図々しい夫と愛嬌の多い妻の様子は、「私たち結婚しました」のイ・ジャンウ&ウンジョンカップルを見て楽しそうに見えるものだった。今、イ・ジャンウに「私たち結婚しました」はどのような記憶として残っているのだろうか。

「まず、芸能人の友人は多いほうではないですが、一緒に撮影していたウンジョンとは温かい助言も、厳しいことも言い合えるようないい友人になれたようです。そして先ほど話したように、僕は本当に結婚しているといった気持ちで真剣に撮影へと臨みました。そのように『私たち結婚しました』が終わって、理想のタイプが大きく変わりました。以前はきれいな女性が好きでした。だけど今は、完全に変わったわけではないけれど(笑) 今は性格も料理も重要で、撮影が終わって家に帰った時、奥さんが食事を準備してくれて待っている、そんな安定した家庭を早く持ちたいという考えを『私たち結婚しました』を撮影しながら多く表現しました。そうすると、仕事もより集中できると思いました」

イ・ジャンウは今、自分の理想のタイプを一言に表現すると「料理研究家」だと答えた。そして「誰かの愛がたっぷり盛り込まれた料理ならさらに良いかも」と付け加えた。

また、「私たち結婚しました」の話にオ・ヨンソがアイドルグループMBLAQのイジュンと展開している仮想の夫婦生活に特別に出演する意向はないかと聞いた。

「『オ・ジャリョンが行く』と『私たち結婚しました』が同じ放送局であるため、そうなるかもしれないですね(笑) 今も『私たち結婚しました』の作家とは皆親しく会っています」

最後に今から長い毎日ドラマ撮影に本格的に入るイ・ジャンウに体調管理はどうしているかを聞いた。

「実は今、まさに風邪を引いています(笑) 早く治ってほしいと思います。体調管理というより長い撮影の前半部分であるためどうしても頑張りすぎてしまいますが、最初から突っ走ると、ドラマの後半部分になったら力を抜くしかないと思いますが、ドラマのクライマックスは後半からですね。今は力を抜き、ペースを調節していくことが一番良い管理方法だと思います」



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。